鴨神社 地鎮祭 初宮 七五三 安産 厄除ほか お問い合せ・神事何でもご相談:電話 072-692-2355 (北川宮司宅)  鴨神社所在地: 〒569-1146   大阪府高槻市赤大路町42-3  子安天満宮所在地: 〒569-1146   大阪府高槻市赤大路町11-12

鴨神社 大阪府高槻市
 2016.4.6更新
 平成28年春季大祭案内


地鎮祭 初宮 七五三 安産 厄除ほか
お問い合せ・神事何でもご相談:
TEL: 072-692-2355
(北川宮司宅)

鴨神社所在地:
〒569-1146
大阪府高槻市赤大路町42-3

子安天満宮所在地:
〒569-1146
大阪府高槻市赤大路町11-12
鴨族創建の神社

赤大路町の『鴨神社』を創建したのは私たちのご先祖である鴨氏族(以下、通称 「鴨族」と記します)です。その鴨族の先住民族は、紀元 前後に奈良県の葛城山にあ る高鴨神社を祀った鴨族(注1)でした。その一族が我が摂津国嶋下郡(注2)方面へ勢力を伸ばしてきたのです。 その時期は何時でしょうか...。鴨族が神武天皇とともに卑弥呼(注3)を打倒した、少なくとも3世紀中期より前だと思われます。その当時の関西を鳥瞰しますと、今の大阪城がある位置は上町台地と言われ る高台であって、その西側 はすぐ海だったのです。その内陸部に5世紀頃までは 大きな河内湖があって、その湖は奈良から旧大和川を 始め、桂川、木津川、芥川、安威川、が注ぐ淀川とも連なり、その川の流れに沿って葛城の鴨族が、あるいは朝鮮半島から渡来した鴨族が直接、赤大路へ勢力を伸ばし、鴨林(注4)を拠点に拡大し始めたと思われます。

(注1)
鴨族:葛城の鴨一族は広く各地に広がりましたが、4世紀中頃、近畿地方で成立した大和朝廷によって滅亡しました。
(注2)
摂津国嶋下郡:7世紀後期の律令制下に入ってから三島郡が豊嶋郡・嶋上郡・嶋下郡に分かれて成立。「続日本書紀」の和銅4年(711)に「摂津国嶋下郡、嶋上郡」とあるのが郡名の初見。
(注3)
卑弥呼:弥生時代後期の倭国女王で、没年248年頃。
(注4)
鴨林:明治中期まで残っていた字名で鴨神社の住所は「阿武野村大字赤大路字鴨林」でした。

←明治七年 鴨神社社頭境内図

 


鴨神社だより 鴨神社由緒 鴨族創建の神社 摂津三島の元氏神 発掘調査の地質 子安天満宮由緒 行事カレンダー 交通アクセス inserted by FC2 system